This page has been translated from English

翻訳者

トレーニング&イベント
魂と心
アストラルヒーリングフォーラム
Ancestorial /家族のヒーリング

練習、コードの倫理とHealingFoundationアストラル規格の

(1)アストラルヒーリング財団..

アストラルヒーリング財団は、心のセラピスト等の完全に自律的な団体です。 アストラルヒーリングの基礎は、人間の意識の開発を通じて、自己実現するため人々に力を与えることを目的営利団体ではありません。 アストラルヒーリングポスト大学院協会は、感情や神経障害を治療するためにエネルギー治癒および/または心理学を使用して適切な資格を倫理的な実務に開かれています。

アストラルHealingFoundationの構成

登録事業名はアストラルヒーリングのゲリーコールマンスクールと呼ばれる

慈善組織は慈善行為に従事。

訓練学校はアストラルヒーリングのゲリーコールマンスクールと呼ばれる。

運営委員会は、訓練校の内容を指示する。

倫理の実践とアストラルヒーリングスクールと実務の基準のコードを支配する懲戒委員会。

外部審査委員会は、学生やメンバーによる検査の基準の達成をadjudicating。

アストラルヒーリングセラピスト大学院協会。

アストラルヒーリングの基礎は、神経障害や情緒の問題に苦しんで人のリハビリを介して人間の意識の進歩を促進するために、そのメンバーの研修教育一般向け推進するために存在します。

(2)入門書です。

()の倫理コードは、アストラルヒーリング基礎大学院協会の別れの法律に基づいて確立されています。

(b)は式セラピストまたはメンバは、大学院や開業医メンバーは練習やアストラルヒーリングセラピストとして実践する訓練をいう。

©これは、書面で会員引き受ける各出願人は、倫理と行動規範の条項に拘束されることしている会員の条件です。

(d)に違反や倫理のコードの条件の違反は、基礎のメンバーシップの終了する可能性があります。

(e)の専門行為は非倫理的であるか、コードで設定さ行為の特定の規則に反している財団のポスト大学院協会の専門職の追求に係る行為を意味するものとします。

(f)に反対する証拠がない場合は、コードの違反は、プロの不正行為の証拠となるものとする。

(グラム)の基礎の大学院の組合員の辞任は、疑惑の苦情やコードまたは嫌疑犯罪の違反協会懲戒コードの下に限り、任意の調査のプロセスや懲戒処分を妨げることは許されないものとする基盤の間に起こったポスト卒業メンバー会員。

(は、h)、その行為の調査の下にあり、基礎の大学院協会からの辞任のメンバー、再任意の調査や懲戒処分のプロセスの満足完了せずに基礎の大学院協会への参加を許可されません。

財団目的と目標。

トレーニングコースセラピストのミッションステートメントのアストラルヒーリング。

アストラルヒーリングセラピスト養成コースはアストラルヒーリングセラピストとして練習するために両方の精力的心理的に、知識を持つ学生を装備するように設計されています。 アストラルヒーリングセラピストは、ユング分析深さ心理学に基づいた心理学を実践するも、天使のような領域とアストラルヒーリングセラピーを利用する人間のライトボディを癒してくれる。

私たちのエートス。

アストラルヒーリングFoundationは相互尊重、名誉や思いやりのすべての生命へのエートスを推進しています。

私たちの信念。

我々は、人々は、人体の精神的なエネルギーの存在であると信じています。

我々は、人生は学習の機会の旅であると考えています。

私たちは、多かれ少なかれ、別の何人も、すべての一つであると考えています。

我々は無知である愛の欠如に対し、愛があると信じている。

私たちはあなたの人生のあらゆる瞬間にバントされていることと信じています。

我々は、自由意志、人々の権利を信じています。

我々は、地球上で彼の旅中の'啓蒙'、人類の運命だと信じています。

ビジョンと財団ヒーリング目標のアストラル、倫理規範。

人類を支配する精神的な法律の知識を得るために。

両方の心理的に精力的に人類の本質についての知識を得るために。

機能と天使のような領域の責任の意識を高めるために。

個人個人を開発する。

他の生活の中で自由に手伝ってくれる人のスキルを開発する

人間開発の特異的なアプローチへの態度に挑戦する。

さらにフィールドからの知識へのアクセス方法を検討する。

アストラルHealingtherapyのメソッドを癒すの個人を育成する。

どのようなアストラルヒーリングコースです...。

知識と能力を提供すること、自己成長と発展を育成し、思いやりのある環境で促進コースでは、ホリスティックセラピストとして開業するため。

委員会ステアリング基礎ボード、メンバーの登録の目的は、治療、両方/心理や練習エネルギッシュ、会員内の最高水準を奨励することです。 これは、次の方法でこの目的を達成する

1。 そのメンバーのための学習指導要領の評価の高いプロフェッショナルな基準を満たしているこれらのコースを承認する。

2。 財団への会員や人の基礎から認定され、この方法で資格を会員のレジスタを維持したい人のための試験を実施する。

3。 要、財団で定めるところにより、メンバーは練習と倫理コードの基準を遵守して登録されています。

4。 調査、登録会員に対する苦情adjudicating。 任意のメンバーは、会員から削除されることがあります違反や練習や倫理のコードの所定の標準のデフォルトで見つかった。

5。 はっきりと別の専門職として精力的なヒーリング/心理療法の認識を促進する。

6。 公開ディレクトリ(ソフトまたはハードコピー)人登録し、認定し、精力的/心理療法を介して助けを求める人にそれらを参照する。

7。 カンファレンスなどの継続教育プログラムを、講演会、ワークショップ、セミナー等の推進

8。 一般に基礎の目標と目的、コースとメンバーを促進する広報室を維持します。

9。 専門家は、財団のメンバーと経験を共有できるようにするネットワークを提供します。

10。 エネルギー/心理的癒しの意識を喚起すると一般市民の間で、その有益な結果。

11。 その分野の中で最も倫理的、専門機関として推進アストラルヒーリング財団。

12。 誘致新規会員やアストラルHealingFoundation、学生。

13。 財団の仕事は普通の人に関連するようにする。 にも精力的な癒しの背後にある科学を分かりやすく説明。

14。 共同でアイルランドや英国、ヨーロッパ、どちらかで、任意の認定されたボディ、関連付けを動作させるには誰が同様の目的や目標を持っている世界。 アフィリエイトや倫理的な方法で目的と基礎の目標を促進する任意の同様の組織に所属となる。

15。 土地の法律との関係で財団の法的規制を促進する。

責任をクライアントに。

1。 アストラルヒーリングのPGAメンバーのいずれか/またはエネルギーや心理的な観点から、情緒障害クライアントの知識を持つ専門的倫理的に自分の仕事に近づくと予想されます。 この観点は、一人一人の尊厳を尊重しなければならないし、右の自由意志にクライアントをご了承ください。 セラピストの能力は、そのスキルと手口に反映する必要があります。

2。 アストラルヒーリングPGAのセラピストは、治療の方法は、治療設定で採用するものとしての診断のクライアントに通知する必要があります。

3。 アストラルヒーリングPGAのメンバーは、クライアントとのセッション数の期待値を、どのように支払いが予定されるべきとお支払方法のセッション、料金、期間について議論する必要があります。

4。 クライアントは、書面または口頭かどうか、セラピストが直接的な方法で、その契約の性質を通信する必要があるすべての回でセラピストとの契約を締結している。

5。 それらの治療の関係でクライアントにセラピストのためには隠れた料金や追加料金があるはずです。

6。 アストラルヒーリングセラピストは、クライアントとその治療の成果を伝えるための責任があり、方法論は、その結果を達成するための治療目的の結果を採用した。 セラピストはまた、通信する必要がある場合、セラピストは、レコーディングセッションの説明責任、例えばスーパーバイザーなどのメソッドは、クライアントに通知しなければならない負っている人に必要な。

7。 アストラルヒーリングメンバーは、クライアントセッションの記録を保持します。 これにより、クライアントの名前、年齢、住所、最小、このような情報に含める必要がないと問題点を提示し連絡してください。 セッション中に異常の発生および/並べ替えするか、上司の注意をもたらした。

8。 または別の代理店に、このコード内の任意の法的または倫理的義務を設定し、任意の個人的な契約は、と議論され、クライアントに明示的にこれらの忠誠心や紛争の性質を紛争の義務の間のクライアントに気付いたアストラルヒーリング療法士。

9。 アストラルヒーリングセラピストはすべての回で自分の能力に限界を認識する必要があります.. メンバーは、適切な紹介を、別の専門家に必要なように、クライアントと協議の上、準備する必要があります。 これは、クライアントにセラピストの選択肢を提供することが好ましい。 紹介を行うには、参照が呼ばれて誰に整合性、能力と整合性を専門家の検証するメンバーのことをお勧めします。

10。 クライアントが要求した場合、シャペロンは、セッション中に存在することができる。 セラピストが、これは治療の開始段階で可能であることを助言をすることができる転移は、治療動的に入ると、クライアントの発展を妨げる可能性があります。 (シャペロンは、クライアントの抵抗を表すことができる)。

11。 アストラルヒーリングセラピストが第三者にクライアントの紹介に係る手数料または分割手数料の任意のフォームを受理しないアストラルHealingorganisationかどうかのメンバーかどうかを示します。

出版と契約してサードパーティ。

1。 セラピストとクライアントの間の関係が機密であるかどうか

人が治療について尋ねて治療や出席しない

アテンズ療法ここで、治療の手続は秘密です。

2。 相互作用のコンテキストは、すべての回で機密性の高いままにする必要があります。

3。 臨床記録。 クライアントのノートには、機密保持され、格納され安全な方法でいつでも確認してください。 メンバーは、コンピュータのレコードがデータ保護法の条件の範囲内であることを確認する必要があります。

4。 守秘義務。 療法のセッションの録画する前に書面による許可を得る必要がありますアストラルヒーリングセラピストが行われます。 子供は18歳未満の場合はチャイルズ法定後見人の適切なアクセス許可は、/両親が求められる必要がある場合。

5。 クライアントは家族、親戚やサードパーティーの開発者間の接触がパーティーには、すべての回で機密性の維持しなければならない唯一のクライアントの明示的な同意を得て、万一第三お願いします。

6。 例外は、次の状況で行うことができる

ここで、未成年者(18歳未満)が含まれている

クライアントの場合にはセラピストは、彼らが自分自身や他の人に危険になっていることがあると感じた。

開示は、このような権限を有する裁判官は、検死またはその他の同様の公的順となっておりますされている場合。

7。 個人情報は、常にクライアントから、または推論と、可能な限り直接得られるかどうかを機密情報として見なされる必要があるすべての開示が行われる前に、クライアントが通知する必要があります。 クライアントの死は、本契約を終了しません。

8。 アストラルヒーリングセラピストは治療のすべてのコンテンツの公開前に、クライアントの検証可能な同意を書面で取得する必要があります。 書面による事前の同意を得なければ、クライアントの匿名性は、保存しなければならない。 セラピストはクライアントの要求は、これを行うには任意のコンテンツを公開しないでください。

9。 アストラルヒーリングセラピストは、クライアントに通知する必要がありますか記録の手段との理由から許可はセラピストの訓練などの治療記録の理由として、クライアントから求められている理由としては、セッションの記録の性質。

10。 アストラルヒーリングセラピストばしセラピストは法律の条文に準拠する必要がありますクライアントとの法的義務と責任との間に矛盾に直面している。

11。 いずれの場合もノートや履歴、対応が7年間の最低安全な場所に保持する必要があります。

12。 文を作ったり、公共の活動に関与またはメディアに関連するアストラルヒーリングセラピストが、それは明らかに、彼らは特定の組織のメンバー、またはグループとして、または/エネルギッシュな癒し心理療法の分野の代表として行動しているかどうかを確認する必要があります。

13。 アストラルヒーリングセラピストの主な関心事は、そのクライアントに、家族などなど、第三者がこのことに気づいていることを確認します。

14。 アストラルヒーリングセラピストは、芸術と科学心理/エネルギー治癒のの倫理性、整合性促進を目指しています。 彼らは、大目に、参加していない、又は自身が公演、不正や詐欺に関連付けることができるようになります。

15。 アストラルヒーリングセラピストは同僚が停止したり、同僚のクライアントおよび/または評判を害するおそれが負の転移の潜在的な影響を相殺するために行動しなければならない。 エネルギーヒーリングの人々の微妙な性質のために開発や出現そのシャドウ側の知らないことができます。

16。 アストラルヒーリングセラピストは問題とその軽量ボディ内の新興感情に、クライアントを通知しなければなりません。 セラピストは彼らの感情的な光体の開発に要約し、クライアントは、今後数週間で対応できることが何の感情を説明、各セッションの終了時に、

17。 すべてのセラピストは、その後、練習や操作他のセラピストのするように疑問を持っている場合セラピストは上司に相談することやアストラルヒーリング財団の懲戒委員会に連絡してください。

18。 アストラルヒーリングセラピストの練習のクリーンな治療法は'すべての回で利害の衝突を避ける必要があります。 セラピストの目的は、自分の個人的、政治的または営業上の利益を促進するためにすべてのプロの関係を悪用しないことです。

非搾取。

クライアントとセラピストの間1。の関係は、プロの関係、金融、感情的な性的または他の方法でクライアントを悪用してはいけませんから別の自分自身の利益獲得への提案、転移、催眠またはエネルギー手段の効果を使用してアストラルヒーリングセラピストです。 セラピストは誤解を開いていることができる方法で、クライアントに手を触れないでください。 社会の設定では治療の関係は維持されるべきである、それはセラピストの責任が作成し、その区別を保護します。

2。 セラピストは、いつでもすべて、毛布を必要使用するか、台座ときに、クライアントをスローで。 同様の仕事をセラピストセクシュアリティ、感情体の必要があることを示す保護のクライアント。

3。 アストラルヒーリングセラピストは販売していないか、またはすべてのサービスまたは、それらの製品のご購入のクライアントに影響を及ぼすものとみなすことができる製品を支持しています。

4。 仕事上の付き合いの間に、そのクライアントと治療を中止するときは、アストラルヒーリングセラピストは、クライアントとの性的関係を持っていない必要があります。

5。 アストラルヒーリングセラピストは、クライアントとの仕事上の関係の重要性を認識し、影響力とパワー時セラピストは、人工的な治療動的以内に持っている可能性がありますに注意してください。 セラピストはすべての時間は、クライアントの最善の利益を促進するにする必要があります。

6。アストラルヒーリングセラピストは自分とそのクライアントとの練習は良好で、良いの監督に従事する必要があります。 アストラルヒーリングセラピストは、治療法の有効性を評価し、継続的に必要かつ継続的な研修場合、訓練に従事開いておく必要があります。

7。 アストラルヒーリングセラピストは請求しないでくださいまたはクライアント、任意の証言やその治療法の解説の書面による同意なしに、任意の方法で開示されている。

8。 必要があると認めるときアストラルヒーリングセラピストは、可能な限り、または医師の診察を受けるようにクライアントを通知しなければなりませんセラピストの範囲を超えている代替療法を模索する。

9。 アストラルヒーリングセラピストは、機密性、機密性は、土地の法律に違反しないことを提供し保護する必要があります。

10.Astralヒーリングセラピストが前提中の顧客やシャペロンの安全性を確認する必要があります。 建物は、その目的のためにフィットして、プロフェッショナルなサービスとの関係にする必要があります提供される。

11。 アストラルヒーリングセラピストは自由意志に顧客の権利を、自己決定、任意のは、倫理的、宗教、性別、年齢、障害、政治、あるいは社会的地位に悪影響クライアントの処理に影響を考慮する必要があります。

守秘義務。

アストラルヒーリングセラピストが安全ノート、ファイルとその顧客との治療作業の対応の保存を確認する必要があります。 匿名の場合履歴の共有は守秘義務に違反するものではありません。 すべてのアストラルヒーリング療法士は、正式に契約書や口頭で自分のクライアントとの契約を形成している。 口頭契約は誤解に開かれています。 契約は(書面または口頭)セッションあたりのコストは、セッションの期間の記載されたものは、セッションの量は、クライアントに必要な等と判断した。 契約には、治療の保証がないことを指定する必要があります。 契約は、苦情やクライアントのアストラルヒーリング基盤の懲戒委員会に権利を指定する必要があります。

実践倫理規定。

実践と倫理のコードは構築と癒しの専門職のキャリアの成功を維持するためにセラピストへの援助として(監督と一緒に)とみなされるべきである。 アストラルヒーリング療法は、人類が自己実現に発展することができ、彼の物理的な存在で感情的な快適さを見つけることを前提に基づいています。

アストラルヒーリング療法は、人類の意識の向上に専念しています。 我々は、自由意志と自己決定を促進する人間の理想に基づいて総合的な理想を介してこの方法を実施しています。

我々の業界の一員として、各セラピストは専門的でエネルギッシュな心理療法の練習を促進する責任を運びます。

倫理および標準のコードは、セラピストは、クライアント、同僚との関係の彼の行動の可否を決定することができるがです、のメンバーは職業や一般大衆との同盟。

アストラルヒーリング療法の1。原則推力が自信を尊重し、人間の尊厳を獲得しながら自由意志と自己決定を介して人間の意識を推進することです。 それぞれのセラピストがサービスと人類への献身の完全な尺度を提供する必要があります。

2。 アストラルヒーリングセラピストが必要継続的に自分のスキルや知識を向上させるために、人類へのサービスを提供して努力しています。

3。 アストラルヒーリングセラピストが規則とその関連と自己に課した規律の尊厳を遵守し、自国の法律を遵守する必要があります。

4.Astralヒーリングセラピストが違法医療を実践されず、すべての時間は、そうするのが賢明と認めるときは医療従事者にクライアントを参照してくださいで。

5。 これを行うには資格がないアストラルヒーリングセラピストが医療情報を分配することはできません。 ない時間は、セラピストは、クライアントが医療に違反する時にお勧めします。

書は、適切な資格医療専門家から得られるアドバイス限り6.Astralヒーリングセラピストが病気や障害の症状を離れてお勧めしないでください。

7。 アストラルヒーリングセラピストはすべての回で、決して彼のトレーニングと能力の範囲外のスキルを提供して自分の限界を意識し、どこまで、決して持って実際にされていないスキルを主張し、彼のクライアントに向けて介護の職務に留意すべきである必要に応じ適切な修飾されたサードパーティのクライアントを参照します。

8。 可能な限り早い時点でアストラルヒーリングセラピストである放電、クライアントの世話と一致している治療のために提示し、クライアント。

9.Aアストラルヒーリングセラピストが、彼/彼女のクライアントとの二重関係を避ける必要があります用語と、彼の専門的な判断とスキルの行使との自由意志損なう可能性があります彼のサービスやリスクの搾取の質を低下させる条件の下で、彼のサービスを提供することはありません。

10。 アストラルヒーリングセラピストは、実行、実行、と言うことがあります遂行またはそれ以外の場合、心理学、催眠、催眠療法、エネルギーヒーリングの使用を破廉恥に持ち込む行為または推論ように、任意の単語またはアクションを実行します。

11。 アストラルヒーリングセラピストは尊重しなければならないと彼/彼女は、法律でこれを行うには必要な場合を除き、プライバシーの権利、クライアントを尊重。 いずれかが、何も証言の等明確に許可の意思を明記してください許可例えば彼/彼女のクライアントとの治療関係の任意の部分を意味するのセラピストは、レコードに書面による許可を取得する必要があります。 18歳未満の未成年者は、その許可のために親の書面による同意を与える必要があります。 機密性はそのような許可が得られているにもかかわらず尊重されなければならない。

12。 彼らは科学的に証明することができる場合を除きアストラルヒーリングセラピストは、治療中に、公開、約束の治療を保証するものではする必要があります。

13.Aアストラルヒーリングセラピストは不評に職業を持って公演に参加することはできません。

14.Theアストラルヒーリングセラピストが自分自身のプライベートなニーズに、彼のスキルと知識と彼の練習のビジネスに応じて定期的に監督に従事する必要があります。

15。 アストラルヒーリングセラピストは、自己の費用で専門職業賠償責任保険を取得する必要がありますし、保険が場所にある場合にのみセラピストとして練習することに同意します。 セラピストは財団に毎年、彼の保険証のコピーを提出する必要があります。

16。 アストラルヒーリング療法の学生にも、保険を持つために必要な資格に15を超えるあたりにプロのセラピスト保険を取得する必要があります。

17。 アストラルヒーリングセラピストは、財団の会員の年間の期限によるものとの年間支払う必要があります。 障害が取り下げ会員と利点の排除につながる可能性があります予定日を遵守する。

18.All certificates, logos, letters of accreditation or other written communications issued by the foundation remain the property of the foundation and shall be returned to the foundation as and when the membership ceases or upon written request from the director of the foundation.

19. Therapists are committed to ongoing training and attend at least 1 workshop per calendar year.

20. Astral Healing therapists accept the necessity of supervision and attend supervision.

21.Astral Healing therapists are responsible for organising their own energetic therapy which is similar with the principles of energetic Astral Healing therapy. If in doubt, students should consult with the foundation to verify the recognition of their therapist. The number of sessions should ideally be a minimum of 20 sessions usually monthly (or at different intervals when necessary).

22. Never to treat a person under the age of 16 unless written parental permission is granted and only if a guardian/observer is present.

23. Each member is required to print on all promotional literature 'Current member of the Astral Healing Foundation, www.Astralhealing.net

24. Students to become full members of the Astral Healing Foundation Post Graduate Association must become members of the Astral Healing foundation.

25. Astral Healing therapists must ensure any other third party organisation that they are affiliated with is ethical and professional and does not contravene any rules of the code of ethics and standards of practise of the Astral Healing foundation.

26. The Astral Healing therapist is free to accept or refuse to treat a person if they so wish.

27. An Astral Healing foundation post graduate member must ensure if sharing any advertising, office space, building, reception facilities, health therapists etc that the other parties have professional insurance in place and are profession in manner and practise to the degree that the reputation of the Astral Healing therapist and foundation are not undermined.

28. It is the responsibility of the Astral Healing therapist to notify any changes to his/her name, place of practise, contact details etc to the foundation or if any contact details are promoted incorrectly by the foundation.

29. Astral Healing therapists must not make any claims of their ability or practise unless able to scientifically prove the claim promoted by the member.

30. Astral Healing therapists must explain to clients at the first session their policy of missed or cancelled appointments, their fees, charges etc. It is preferable that such policies are written and not verbal which is open to misinterpretation.

31. Astral Healing therapists must produce a business card and exploratory brochure that does not contravene the rules, ethos and code of practise of the foundation.

32. Astral Healing therapists must conduct themselves in a manner at all times that promotes the professionalism, standards and ethos of their profession and the foundation and never act in a manner to bring energy healing or the foundation into disrepute.

33. Therapy should be practised within the therapist's professional healing room unless their work involves the renting of rooms, premises or an workshop in nature.

34. Astral Healing therapists should concern themselves with the fact that therapy will not in any way harm or damage or confuse the client.

35. Student after successfully qualifying are entitled to print after their names Member of Astral Healing Foundation (MAHF).

36。 The Astral Healing therapist should use a throw or blanket at all times when utilising a plinth. The therapist should ensure that the feet and head of the client is all that is touched by the therapist during the session. It is the responsibility of the therapist to ensure that no misunderstanding with regards human contact occurs.

37. It is the therapist's responsibility to ensure that they engage responsibly and honestly with their supervisor in an open and frank manner.

38. Astral Healing therapists must ensure that their supervision is supportive of their need as a human being and a therapist.

39. Astral Healing therapists who complete 500 hours of supervision are entitled to use the words accredited member of the Astral Healing foundation.

Disciplinary Committee and complaints procedure.

A complaint may be the general conduct or manner in which they carry out the any formal process as a Astral Healing therapist.

The intention is to conciliate issues and problems without resort to sanction. It aims for resolution by negotiation and mediation.

Unless the accused person(s) request, the proceedings of the complaint shall be treated as confidential.

Any person raising a complaint or with information in relation to a complaint must not be harasses or victimised in any way, by any person or third party. Such actions shall lead to disciplinary proceedings.

The complaint should ideally be dealt with within 28 days except in exceptional circumstances. Information gathering will take place and if it emerges that the complaint was of a serious nature then a full hearing of the complaints procedure shall take place.

Initially members concerned will meet with the Administrator of the Foundation and/or senior person within the foundation to air their differences and try to achieve a resolution of the complaint. The Administrator shall try and investigate whether there are any misunderstandings in relation to the parties involved or other minor issue that can be easily clarified and the issues resolved amicably.

A written account of the complaint is sought and a response is invited from the complainant. The written response from the complainant is offered to the accused and is invited to comment. If the response does not satisfy the complainant, then the accused member is asked to comment further until a resolution is found. If no resolution is agreed then the parties to the complaint is given the following options, 1 Arbitration 2. The complaints procedure 3.Termination of the complaint.

Complaints and Disciplinary procedure.

The aim of the procedure is to protect the good name of the foundation, its therapists and the patients/clients who attend our practitioners.

A complaint may be brought by a member of the public seeking or using the services of a member of the Foundation, either in person or via a third party acting on their behalf and with their authority, or by a member of the foundation in respect to another member.

The Complaints and disciplinary committee can only deal with complaints in relation to students or members of the Astral Healing foundation.

A complaint shall be lodged within 5years of the event of the substance of the complaint. All records of the complaint shall be kept for a period of 5 years from the date of receipt of the complaint. The foundation is not responsible for travel or any other expenses incurred by the complainant or the member complained against in connection with any stage of the complaint.

On receipt of a complaint that is regarded as serious, the Administrator of the Foundation shall forward the complaint to the Complaints committee within 3 days of receiving the complaint. All complaint procedures are conducted with confidentiality. All records, notes, sheets , induction notes etc, must be kept by all parties.

苦情委員会は、苦情を受けてから14営業日以内に起訴メンバーを連絡させていただきます。 メンバーの詳細については、一時的に苦情の期間中、財団のウェブサイトやプロモーション資料から削除されます。 セラピストは28日、それらに対する債権の彼らの防衛を組織するように、クライアントのリストを表示してサスペンドを許可しなければならない。 外部ガルダの調査は必要に応じて適切であると判断された場合、苦情委員会が決定されます。 これは、調査が開始されますし、不可能な場合は委員会は、非公式の解像度を介して苦情を解決するよう努力します。

調査。

早く実用的な機会に、メンバーは、書面で苦情調査の通知されます。 これは、平易な言葉、苦情の性質、苦情の申し立て、証拠の規定の範囲内での応答や法的/フレンドリーな代理権を許可する注意の公式形式で、メンバーに通知されます。 同時に、彼らが苦情のプロシージャ内で苦情処理の基礎コードと自分たちの権利が与えられます。 調査はして提出された訴状の120日以内に完了していない場合は、中間報告は、その時点での苦情の位置を説明し、両当事者に与えられます。

ファイルの調査が完了すると、ファイルとその勧告にアクセスするために懲戒のサブ委員会のために準備されます。 委員会は、/主張はこれらの主張に対処するフォームが用意され、被告人に送達し、応答する場合があると判断した場合。 被告人及び証拠のファイルを通知する訴訟の準備と防衛を許可しないように少ないし、7以前中詰めに営業日、このファイルが表示されます。

例公聴会は、非公式の法廷の形でしなければならない。 小委員会は、両当事者の証拠を聞いて、それが最善の証拠のルールに基づいて、正しい判断の証拠に重みを与えなければならない。

委員会は、確率のバランスにその結果をベースにするこれらの調査結果とその理由を述べることになります。 サブ委員会の所見が聴聞の14営業日だけでなく、これらの調査結果のための推理の中で両方の当事者に書面で行われます。 すべての制裁措置は、その文章で通知されます。

失敗した場合、申立人またはそれ以前の聴聞会には、少なくとも15日間を与えられるべきである被告人のメンバーを聞くことによって苦情に出席する。 委員会は、または(内聴聞の28日間)のいずれか、さらに最新の公聴会を延期してそのオプションを行使するいずれかの事項又は双方が存在しないことを聞くことがあります、それはプロシージャを終了することができます。

手続の対象は、上訴の通知を提出して28日になります。 彼らは15日間において控訴理由を提出して与えられる通知を提出持つ。 アピールは理由および通知の受領後、次のアストラルヒーリング財団ポスト大学院委員会で聞くことができます。

対象は、証拠のルールや大学院委員会の前に7フル営業日前までに苦情のサブ委員会に完全に提出新たな証拠の性質に準拠して提供する新しい証拠を提出することが許可されます。

魅力を聞いて、委員会は、確認の構成によって異なります又はSCの結果を脇に置きます。 その結果は、聴覚の完成、会議の7営業日以内に、その発見のため、その理由に対象者に通知する予定です。

申立人は、いつでも苦情を取り下げることができる。 両当事者は、苦情をもたらしている場合は一方の当事者が告訴を取り下げた場合、苦情が完了するまで実施される。

メンバーは、協会から辞職する場合、または調査中は、この操作は、告訴が捜査が完了するまで無視されますが協会のメンバーシップを更新しないことを選択します。

プロシージャのすべての段階での当事者は、調査のいずれかの処理中に友人、または法定代理人等の同行を持っている可能性があります。

小委員会は、少なくとも3人、財団の管理者にされて一、いくつかの知識や経験を法的/懲戒事項を有する他の二つから構成される。 小委員会のメンバーは、当事者には既得権益は公平性の主張を回避するように関係しなければならない。 小委員会の議長は、調査は、会議に苦情は、苦情の重力を考慮して示す方法で行われているに関してことを保証する責任を負いません。

すべての証拠書類は、告訴の聴取を28日以内に提出しなければならない。 訴状に関与するすべての当事者が調査に提出された証拠書類へのアクセスを許可されています。

新しい証拠は、当事者双方が提出することができる、それが聴覚に関連が提供される。 彼らが望むなら両当事者は、質問の証人文を受けることができます。 ない当事者が、要求を発行した場合は証人がさんと呼ばれることがあります。

障害当事者双方が、出席は、少なくとも15日前までに聴聞会に小委員会に通知する必要があります。 委員会の準備や手続を終了するようにして28日したがって、後でさらに日付では最後まで、休会公聴会を申立てをすること、または持つ他の当事者が自白した場合、裁判へのアクセスを提供公聴会をする権利を有します。

被告人のメンバーが審理中のすべての回で友人やシャペロン/法定代理人の存在が認められるものとする。 法定代理人が代わって話す許可しなければならない彼が望む場合非難している。

基礎準備独自の出版物または他の場所での調査結果を公表する権利を有します。

財団メンバーメンバーシップの終了は、すべてのメンバーに通知しなければならない。

すべての証明書がいるとして、彼らはそれらは財団に提出する必要があります被告人/元メンバーから要求された場合、認定の文字は、ロゴはだ、スタンプ、本稿では、見出しなどは、すべての回でアストラルヒーリング財団の財産である。

調査中に、あらゆる努力は、個々のプライバシーを保護するために行われます。

メンバーは財団から中断されている場合、彼は財団への再加入の年間の間隔で再適用することがあります。 懲戒委員会は、セラピストとしての練習には、メンバの体力と自分自身を満たす必要があります。

メンバーシップ

満足アストラルヒーリングレベル2のセラピスト養成コースの最終試験に合格学生はアストラルヒーリングFoundationのメンバーとして適用を受けることができます。 彼らは自身アストラルヒーリングセラピストを呼び出して、自分の名前の後に略号(MAHF)を使用する権利があります。

学生はアストラルヒーリングレベル2のトレーニングコースに進むためにアストラルヒーリングレベル1を完了する必要があります。

正常にアストラルヒーリングレベル2修了した学生は一般市民を扱うことができます。

レベル1の成功の学生は金銭的利益のために自己、友人や家族ではなく、扱うことができます。

アストラルヒーリングセラピストの監督で450クライアント時間を記録する時に自分の名前認定アストラルヒーリングセラピスト(AMAHF)の後の単語を使用する権利を有します。

財団のいずれかのコースの学生は、一般の練習であれば学生保険を保持する必要があります。 キャンセル料は、公共の上で作業するとき、学生はそれらが与えられた治療法との関係の研究の過程でもしている人に通知しなければならないの基盤によって与えられた全てのコースの学生徴収される場合があります。

の会員更新チェック年次総会:倫理規定、基礎ヒーリングアストラル規格の練習の。

このフォームは、財団ヒーリングアストラル会員の新しい更新または必要がありますが、上司に完了の両方セラピスト。 の証明書コピーの料金進むと、アプリケーションに会員と財団'、だなどのセッションログの監視

学生/会員日スーパーバイザー。

いいえか/はい財団のセラピストが同意する規格&するバインドによって倫理規則のコード。

yes / noの保険イスの保険はNo.______________です

監督のメンバーは、yes / noのです。 年間の[いいえ]をSupervisor.__________の名前sessions__

自分の治療の分析エネルギー解析の10のセッションを完了した学生はあり。 はい/いいえ。 Therapist_______________Is療法の名前が完成。 はい/いいえ

セラピストの記事を読む、理解、ルール、練習と倫理基盤ののコードあり。 はい/いいえ。

セラピスト、レコード&/いいえはい7年以上のクライアントのレコードをそれぞれ保持しません。

基礎トレーニングコースに参加するセラピストは、yes / no(年間分1あたり)です。 の名前Course____________________________________________________________

no______________________________________________________________セラピストは、yes /文学の基礎の詳細とパンフレット/ウェブサイトを持っているか

Does the Therapist always use a thrown/Blanket over their clients while working a plinth yes/no.

In your opinion is the therapist/student confident/qualified to practise as a therapist. yes/no Why_________________________________________________

Does the therapist require any further training? Yes/No Why___________________

Does the therapist understand the Complaints procedure? Yes/No

Does the therapist limit Physical contact to the clients head, hands and feet only yes/No

Does the therapist have a written contract/brochure in place for their clients yes/no

Does the therapist only treat minors when an adult is present (Under 18). Yes/No.

Does the therapist understand all issues in relation to client confidentiality. Yes/No

Signed proposed member: Signed Supervisor Date:

The Astral HealingFoundation

構造

Trustees of the Foundation

Educational Training School

Steering Committee

Head of Administration

Disciplinary, Code of Ethics Committee

Administration Support

学生

Support Lecturers

General Code of Conduct for Healers who must:

Therapists must improve their own knowledge and abilities

Treat clients and the public in a respectful and honourable fashion

Treat people who wish to be treated who have given their permission

Avoid misusing their knowledge or abilities that disempowers or abuses the rights of the individual.

Take responsibility for their clients while on their premises. The premises should be kept in a professional manner and concur with health and safety regulations.

Recognise their limitations and capabilities and always refer out a client to a therapist if they feel the client warrants such treatment.

Have insurance in place and agree to abide by the rules of their association.

Must produce their membership number, qualifications when requested to do so.

Ascertain, whenever necessary, if the client has received medical treatment for such attending conditions.

Understand and act within the law of the land.

Give explanations as to their course of action of the therapy to the client in the first session

Healers must NEVER

Advertise in an unethical fashion. (Guarantee success rate etc, miss-advertise their services)

Use titles or descriptions in the promotion of their work unless they are qualified to use such titles.

Give healing while medically or psychologically unfit to do so.

Give healing as a student unless accompanied by a qualified person in the discipline unless specifically having been authorised to do so by the tutor of their course.

Falsify documents or amend patient's notes.

Discriminate on the grounds of race, gender, religion, political, age or disability.

Guarantee, promise or imply a cure.

Respect the clients wish's, emotions and body and tell the client as to where they will be working and only what parts of the body will be touched by the person.

Respect the views and beliefs of the individual.

Have an adult, guardian or parent present when treating a person under the age of 16.

Written permission must be obtained by the healer to treat clients under 18 without a adult present.

Ask a client to remove articles of clothing other then spectacles, shoes or other incidental items.

Give a medical diagnosis to a client.

Advice or comment or a particular course of medical treatment.

Have a third party present unless they are at the request of the client.

レジスタ
セラピストを探す
ニュースレター購読

Eメール:

名:

チャンネル登録
チャンネル登録の解除